白内障

白内障とは

白内障

目の仕組みについて、よくカメラで例えられますが、レンズの役割をするとされているのが水晶体です。これはレンズと同様に無色透明で光をよく通しますが、水晶体に含まれているたんぱく質が何らかの原因で変性してしまうと白く濁ってしまい、光が通せなくなって視力が低下するなど日常生活に影響を及ぼすようになります。これが白内障です。

白内障の発症原因は、ひとつではありませんが、最も多いのが主に加齢が原因の加齢性白内障です。早い方では40歳を過ぎた頃に現れるとされ、80歳を過ぎるとほとんどの方で発症すると言われています。そのほか、若い世代の方でもアトピー性皮膚炎や糖尿病など全身疾患を罹患していることで起きる白内障、眼のけがなどによる外傷性白内障、ステロイド(薬剤)の長期投与が原因のステロイド白内障、他の眼疾患(ぶどう膜炎 など)に併発して起こる白内障、母親の胎内にいる際に風疹に感染し、その影響による先天性白内障というのもあります。次に挙げる症状に心当たりがあれば一度ご受診ください。

主な症状

白内障は水晶体が濁っていくことで、視力が低下していくわけですが、その濁り方というのはひとつではなく、水晶体の周辺部いわゆる皮質から濁ることもあれば、核と呼ばれる水晶体の中心部から濁ることもあります。そのため、人によって症状はまちまちですが、よく見受けられる症状は以下の通りです。

  • 目が霞んで、辺りが白く霧がかかったように見える
  • 明るいところでは、かえって目が見えにくい
  • 一時的に近くのものが見えやすくなるなどして、メガネの度が急に合わなくなる
  • 物が二重にも三重にも見えるようになる

など

治療について

患者様の症状や訴えなどから白内障が疑われる場合、診断をつけるための検査が行われます。主な内容は、視力検査や水晶体の濁り具合を調べる細隙灯検査でおおよそ判断がつきますが、その他の眼疾患(緑内障 など)も調べる必要があるので、眼底・眼圧検査も行います。

検査の結果、白内障と診断されても病状の進行の程度によって、治療内容は異なります。例えば、自覚症状がない場合は、定期的に通院する必要はありますが経過観察で充分です。また、濁っているという自覚症状はあるものの、日常生活に支障をきたしていないという場合は点眼療法(目薬)による治療となります。ただし、この使用は白内障の進行を遅くさせるためのもので根本的な解決とはなりません。そのため、視力低下によって日常生活に影響が出るようにうなったら手術療法が検討されるようになります。

手術療法について

現在、白内障手術に関しては、日帰り手術が一般的です。その中でも様々な手術方法がありますが、主流とされているのが超音波乳化吸引術です。これは点眼あるいは注射による局所麻酔を行った後(術中に痛みがあれば麻酔を追加)、眼球の白目の部分を数mm切開し、そこに器具を入れ、濁っている水晶体(主に前嚢部分)を超音波で砕いた後、吸引していきます。そして一部残した後嚢に取り除いた水晶体の代わりとなる眼内(レンズ)レンズを挿入して終了となります。手術時間については個人差ありますが、10~30分ほどです。

眼内レンズについて

水晶体の代わりとなる眼内レンズは直径6mmほどで後嚢の部分に固定しやすいようにループが付いているものですが、これは主に2種類(単焦点眼内レンズ、多焦点眼内レンズ)あります。そのため、手術前にどの眼内レンズを挿入するかを決めておく必要があります。当院はどちらのレンズにも対応しています。

人間の眼は、元々近くでも遠くでもピント(焦点)が合うようになっていますが、単焦点眼内レンズは、近く、あるいは遠くのどちらか一方の距離にのみ焦点が合います。従って、見えにくい距離については近視用メガネや老眼鏡を使用することで矯正していきます。つまり手術後もある程度の不便さを感じることになりますが、保険は適用されますので、経済的負担は少なくて済みます。

もう一方の多焦点眼内レンズは、人間の目と同様に近くでも遠くでも焦点(ピント)を合わせることができるレンズです。そのため眼鏡などで矯正する機会は減りますが、常に近くと遠くに焦点が合っている状態になっているので、その際は脳が(ピントの)合っている方の映像を選択するようになるわけですが、これに慣れるまでに違和感が出ることがあります。このほか、多焦点眼内レンズは、健康保険が適用されないので、医療費はすべて「自費」となります。

住所
〒168-0064 東京都杉並区永福1-42-7
アクセス
京王井の頭線「永福町駅」南口徒歩2分
電話番号
03-6304-3671
△:手術 ◎:9:30-13:30
休診日:火曜・日曜・祝日
診療時間 日祝
9:30-13:00
15:00-18:30