加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は、主に加齢によって発症するとされる眼疾患で中途失明の原因にも数えられています。網膜の中心には黄斑と呼ばれる部位があります。ここは、色を識別する細胞が集中するなど、ものを見るために最も重要な役割がある箇所ですが、加齢などによって黄斑が変性するようになると、物がゆがんで見える、中心暗点(視野の中央部が見にくい)、視力低下といった症状がみられるようになります。これを加齢黄斑変性と言います。さらに黄斑の中心部には中心窩という部分があるのですが、ここに異常が起きるようになると視力低下はさらに深刻な状況となります。

原因については、先に述べた加齢以外にも、喫煙、食生活(ビタミンや亜鉛、カロチンの不足)、遺伝といったものが複雑に絡み合うことで起きるのではないかとも言われていますが、完全に特定されているわけではありません。

滲出型と萎縮型

加齢黄斑変性は、主に2つのタイプがあると言われています。ひとつは、加齢による変性に伴って、網膜に栄養を送っている脈絡膜から新しい血管が発生しているタイプで、これを滲出型と言います。新生血管は破れやすく、血液の成分が漏れたり、出血しやすいこともあって、これが視細胞に障害を招くようになるのです。主な症状は、上記でも挙げた、中心暗点、視力低下などです。進行が早く、何も処置をしないままだと重篤な視力障害を招くことも珍しくありません。そのため発症が確認されたら、直ちに治療が開始されます。

もうひとつは、萎縮型と呼ばれるもので、これは滲出型と比べると非常に進行が緩やかで、同タイプと診断されても、視力に何らかの影響が出ているということもほぼありません。ただ何かのきっかけで滲出型のように脈絡膜から新生血管が発生する可能性もありますので、定期的に眼科で眼科検査を受けられるようにしてください。とくに片眼が滲出型の患者様は要注意です。

治療について

加齢黄斑変性が疑われると、視力検査、眼底検査(眼底の網膜の状態を知らべる)、蛍光眼底造影(眼底の血管の異常を検査する)などを用いて診断します。その結果、加齢黄斑変性の滲出型と医師が判断すれば速やかに治療が開始されます。萎縮型については、現時点でこれといった治療法が確立していないことと、進行の程度がゆっくりといったことなどから、経過観察となりますが、定期的に眼科検査は行います。

滲出型の治療については、主に抗VEGF療法か網膜光凝固(レーザー)になります。どちらを選択するかは医師が判断します。具体的には、脈絡膜から発生した新生血管が中心窩にある場合は抗VEGF療法、中心窩を外れている場合に網膜光凝固が選択されます。

抗VEGF療法とは、簡単に言うと硝子体注射です。注射の前に点眼麻酔を打った後、新生血管の増殖や成長を抑制する薬剤を硝子体(白目の部分)に向けて注射します。この治療によって新生血管が縮小される効果が期待できるほか、注射ですので数分と短くて済みます。ただし、何度か注射を打つ必要はあります。

また網膜光凝固術では、発生してしまった出血しやすい新生血管をレーザーで照射し、焼き固めるという治療法になります。この方法は、周囲にある正常な視細胞も損傷させてしまうようになります。したがって、新生血管が中心窩より離れている場合にのみ行われます。

住所
〒168-0064 東京都杉並区永福1-42-7
アクセス
京王井の頭線「永福町駅」南口徒歩2分
電話番号
03-6304-3671
△:手術 ◎:9:30-13:30
休診日:火曜・日曜・祝日
診療時間 日祝
9:30-13:00
15:00-18:30