眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂

一般的には、まぶたと呼ばれる眼瞼ですが、この上まぶたが何らかの原因によって起きている状態でも下がってしまい、そのことによって目が開けにくい、物が見えにくい、視野が狭いなどの症状が現れている場合を眼瞼下垂と言います。

眼瞼下垂は、主に上まぶたの筋、腱、神経などが障害を受けることで起きるようになります。例えば、先天的な上眼瞼挙筋の異常(発育不全や同筋を動かす神経の発達異常 など)によって起きる先天性眼瞼下垂、後天的なケースとしては加齢やコンタクトレンズの長期装用によって上まぶたの腱が伸展したことによる眼瞼下垂というのもあります。

また、脳動脈瘤や糖尿病、脳ヘルニアなどの病気による動眼神経麻痺として現れることもあります。さらに白内障など眼疾患の手術後に炎症が強く出ることで、上まぶたが開きにくくなることもあります。

このように眼瞼下垂は、様々な原因によって起きるようになるわけですが、最もよくみられるのは、加齢によるものです。

なお上まぶたが下がっていくようになると視界が悪くなっていくので、無意識であっても見える領域を確保するべく上眼瞼挙筋以外の筋肉を使って眼瞼を上げようとしていきます。そのことで、別の筋肉を酷使することによる慢性的な疲労、激しい頭痛や肩こりがみられるようになります。また額にシワが寄る、目の二重の部分が幅広くなる、顎が上がるといったこともみられるようになります。

治療に関して

眼瞼下垂の治療の目的は、下がっているまぶたを上げることです。例えば、上まぶたの縁が目に覆いかぶさって視界が悪い、下がってくるまぶたがうっとうしいなど、日常生活に支障をきたしていれば手術療法が行われます。なお先天性眼瞼下垂の乳幼児では、視力が障害を受ける可能性がない限りは、成長を待ってから手術となります。

この場合、日帰りによる手術になりますので、局所麻酔下で行われます。加齢による眼瞼下垂の原因の大半は腱膜の伸展なので、皮膚を切開して眼瞼挙筋を縫い縮めることでまぶたを引き上げる眼瞼挙筋短縮術が行われます。またコンタクトレンズの長期装用による眼瞼下垂もこの手術療法になります。両目とも下垂しているのであれば同時に行います。手術時間は、片眼で20分程度です。

術後は、まぶたに腫れなどが見られますが、腫れは1~3週間ほどで引くようになります(個人差はあります)。また、上まぶたの皮膚を縫い縮めたことでまぶたは上がりやすく、それによって目が乾きやすくなります。そのため、目の渇きを防止するための点眼薬を用いるようにします。また抜糸については、術後2週間ほど要すると言われています。

住所
〒168-0064 東京都杉並区永福1-42-7
アクセス
京王井の頭線「永福町駅」南口徒歩2分
電話番号
03-6304-3671
△:手術 ◎:9:30-13:30
休診日:火曜・日曜・祝日
診療時間 日祝
9:30-13:00
15:00-18:30